So-net無料ブログ作成

Starless [英 ロック]

今日は、キング・クリムゾンの名曲
「スターレス」を紹介したいと思います♪

▼・・・とその前に、お庭のコスモスを生けてみました♪
コスモス1コスモス2


なんでいきなりお花の写真かと言いますと、
「スターレス」を作った頃のクリムゾンは少々
お疲れ気味 でして、
その空気感を、爽やか画像で薄めてから・・・という[たらーっ(汗)]


イントロから相当暗い曲なのですが、
この曲の素晴らしさは
とりあえず 最後まで聴かないと分からない です。

おさかな♪は先週初めてこの曲を
ニコニコ動画で聴いたんですが、

何の予備知識もなく聴いたので、本当~~~に驚きと感動で
「なんじゃこりゃ~~~!!!」と思いました♪

▼想いがニコ動のコメントとシンクロ♪
starless2.jpg

まだ聴いたことがなくて、ネタばれされたくない方はココまで・・・
この後、曲の構成とか書いちゃいます~♪♪♪


レッド デビュー40周年記念エディション(紙ジャケット仕様)

レッド デビュー40周年記念エディション(紙ジャケット仕様)

  • アーティスト: キング・クリムゾン
  • 出版社/メーカー: WHDエンタテインメント
  • 発売日: 2009/10/28
  • メディア: CD


<スターレス 曲詳細>

トータルタイム:12分20秒
大体3分の1ずつに分かれます。

<導入部>
0:00~4:30
普通に歌詞付きの曲としてスタート。
友人の微笑に空虚さを感じるという暗い内容・・・

いきなり人間関係のメンタルな内容に
ディープに踏み込むあたり、病んでますね~♪
心理洞察に長けているイギリス人なら普通なのかな?


<耐久部>
4:30~
ここを耐えられるかどうかで
クリムゾン・ファンへの道が決まる?

ギター単音でのガマンタイム開始。
電車の金属音のような不快な音も。

でも、単調な中にもドラマ性があり、
2分耐えればドラムが入り
少しずつ音が上昇しながら盛り上がって行きます。

癒されないボレロ というところでしょうか。

8:45~9:10
唐突にカウントダウン開始♪


<開放部>
9:10~
なんじゃこりゃ~~~!

starless.jpg

10:00~
サックスのソロで主題が繰り返され、
その後はギターソロへ。
ドラムのあおりが素晴らしいです♪

11:20~
ラスト1分は、まさにカタルシス。
今まで静かだったベースが前面に出てきつつ
サックスのソロが冴え渡るエンディングです。

言いたいことを言い終わったような
仕事をやり終えたような
長かった坂を上りきったような
ものすごい爽快感!


大きく3部構成としたときの最後の区間を
さらに緩急をつけた3部構成と見ることもできて、
フラクタル的な要素も感じられます。

= = = = =

この曲を最後に、キング・クリムゾンは一旦解散します。

アルバム「レッド」には
あの、カート・コバーンさんも影響を受けたとのこと。

あと、中心メンバーのギターの「ロバート・フリップ」さんは
ライブ中ずっと椅子に座って演奏して
めったなことでは立たないようです。

おさかな♪は、この曲で「メロトロン」という楽器を知りました♪

「Starless」リンク
https://www.youtube.com/watch?v=zvz8jtZ3f5s
nice!(36) 
共通テーマ:音楽

nice! 36

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...