So-net無料ブログ作成
検索選択

夏の夕方 [音楽]

▼Ray Charles - Georgia On My Mind


現在はジョージア州の州歌ですが、レイ・チャールズは
黒人差別に反対してコンサートをボイコットしたため、
ジョージア州から追放されていたこともあるそう。

夏の夕方に聴きたい1曲です♪

ブルッフ ヴァイオリン協奏曲 [演奏会]

久しぶりにクラシックコンサートに行ってきました♪
友人がお仕事の関係でチケットを入手してくれたおかげです!

1曲目は、弦楽器だけの演奏でした。
オケも素晴らしかったし、良いホールでした。

2曲目は、ブルッフのヴァイオリン協奏曲。
こんなに良い曲だったのね・・・

ヴァイオリン協奏曲といえば
チャイコフスキー、シベリウス、ブラームスなどの名曲があり、
ブルッフはそれほど聴いていなかったのですが
演奏会で聴いてる間は
「うわ~~、この曲が一番好きかも~~~っ♪♪♪」
と、いつものように思いました。

この曲です♪
▼Bruch - Violin Concerto No. 1 (Last Night of the Proms 2012)



演奏会のソリストさんは、ちょっと控えめな感じで
テンポも抑えてスタート。

イントロのヴァイオリン・フレーズの最後の「た~~ら~~」が
ダウンのワン・ボウ。
動画サイトをチェックしてみると、Janine Jansenのボウイングに
近いですが、濃さは5分の1に薄めた感じです。

ソリストのフレーズが終わると、オケが入るのですが
どか~ん!って感じで、音量も大きくテンポも速かったので
ソリストさんはもっとゆっくり弾きたいのでは?
と思いました。

聴いているうちに、オケとソリストさんも合ってきて
お互いにそれぞれの良さを引き出すような演奏で、
1楽章の1番良いところにさしかかるまでに
すでにかなり感動しました♪


そうこうしているうちに、3楽章。
クレッシェンドが上手なオケなので、3楽章のイントロは
本当に素晴らしかったです。

次の瞬間、どういうわけか、ふと
「あれっ?ブラームスのヴァイオリン協奏曲の3楽章では?!」
と思い、お客さんもスルーしているし、ネタか?!
メインはブラ2だから早めにブラームス?!

と思いましたが、良く考えたらちゃんとブルッフの3楽章でした。


最近の社会の変動を考えると
ブルッフの3楽章がブラームスの3楽章になっていても
「そんなものなのかな?」
と違和感満載のまま受け入れるところでしたが
常識の範囲を超えない演奏会で良かったと、ほっとしました。


演奏会の後は、友人とお粥を食べに行きました♪

IMG_0879.JPG

IMG_0887.JPG

初夏の夕焼けが綺麗でした。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。