So-net無料ブログ作成
本・映画・TV ブログトップ
前の7件 | -

スーパーの女 [本・映画・TV]

今日は、1985年11月20日のWindows 1.0リリースから32年。

先日、伊丹十三監督の「スーパーの女」(1996)を観ていて
「メールが普及していない時代の
 コミュニケーションって、こうだったよなぁ~!」
って思いました。

落ちぶれたスーパーを立て直すべく、
ヒロイン(宮本信子さん)が頑張るんですが
もう、そのやり方が 常に直談判!

最後は肉を盗む冷凍車を追いかけて、死にかかり
津川 雅彦さんに助けられます。

伊丹さんの作風は、FacebookもLineも無かった時代に、
常に人の輪の中でエネルギーを爆発させている感じで
元気をもらえます。

おさかな♪は、「違和感がなくて、良い映画だったなぁー」
と思ったのですが
この「違和感がない」っていうのは結構な割合で落とし穴♪

今度は、21世紀の組織の立て直し方が分かる映画を
観たいなと思います。

共通テーマ:音楽

ひまわり [本・映画・TV]



名作と言われている映画を、TSUTAYAで借りてきて
まとめて観ていたころに知った映画です。

観た当時は感動のあまり、他の映画を観る気がなくなり
ブログに書く気力もなく

爽やかに放置

していたんですが、先日youtubeで
ひまわりがそよいでいるのを見てしまい

感動がよみがえって来ました♪


反戦映画とか、主演のソフィア・ローレンが力強くて
ロシア人の女優さんの方に同情が集まったとか
いろいろな評価のある映画ですが、


細かいことはともかく、
かわいそ~~~う!!!

てかもう泣けてきたーーー!!!

ウワァァ━━━━━。゚(゚´Д`゚)゚。━━━━━ン!!!!

っていう、

有無を言わさず、心を揺さぶる
すごいパワーを持っています。


音を出せない環境でブログを読んでくれている
方もいらっしゃると思いますが、

ひまわりの主題歌は
ぜひ一度聴いてほしいな~って思います。

人生の彩りが違ってくる と言いますか。。。


映画のストーリーを知らない方は、
ひまわりの下には
戦争で亡くなった人が埋葬されていると
思って聴いてくれると
さらにイメージが沸くと思います。


ブルーにならない範囲で、ほどほどに・・・♪
nice!(17) 
共通テーマ:音楽

3人の師匠(?) [本・映画・TV]

1人目の師匠は、こんまり先生♪


人生がときめく片づけの魔法

人生がときめく片づけの魔法

  • 作者: 近藤 麻理恵
  • 出版社/メーカー: サンマーク出版
  • 発売日: 2010/12/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


片付けを頑張りすぎて気を失ったことがあるあたり、かなり素敵な先生!

ともかく、この本を鵜呑みにして片付ければ
家がきれいになって、人生が開けるのも間違いなし。

こんまり先生は
お部屋が片付くためには、この本も捨てて良いと
おっしゃっています。

すいません、捨てることになりそうなので
買いませんでした!(笑)

でも、教えを心に刻んで、久々にがっつり片付けました☆

おさかな♪も割と片付けマニアですが
こんまりさんは、お片付けを仕事にして
さらに本を100万部売り上げたところがお見事!

すごいなぁ・・・片付けるために必要な考え方を
みんなが分かるように言葉にできるなんて。。。
先生ありがとう~♪


2人目の師匠は、トレーシー大先生♪
去年の5月から続けている、トレーニングDVD・・・♪


ザ・トレーシー・メソッド DVD Book

ザ・トレーシー・メソッド DVD Book

  • 作者: トレーシー・アンダーソン
  • 出版社/メーカー: マガジンハウス
  • 発売日: 2009/05/28
  • メディア: 単行本


トレーシー先生のおかげで、通勤も疲れないし、飲食店のアルバイトも円滑♪

すこしの空き時間にもできるし、どたばたうるさくないし
すぐ効果が出るし・・・

ありがたい限りです☆


そして、3人目の師匠は、、、

先日通勤電車で、試験勉強をしているおじさんに席を譲ったところ、
おじさんの持っていたテキストが、おさかな♪も受けようと思っていた試験!

ふと、神様に
「てか、勉強しなさい。」と言われた気がしました。

そんなこんなで、今せっせと勉強してます・・・♪

nice!(4) 
共通テーマ:音楽

アルマ・マーラーさん [本・映画・TV]


グスタフ・マーラー―愛と苦悩の回想 (中公文庫)

グスタフ・マーラー―愛と苦悩の回想 (中公文庫)

  • 作者: アルマ マーラー
  • 出版社/メーカー: 中央公論社
  • 発売日: 1987/08
  • メディア: 文庫



アルマ・マーラーさんと言えば、
あの偉大な音楽家グスタフ・マーラーの奥さんとして有名ですが、
なんと、その方が本を書いてくださっています♪

アルマさんは、若くて美人で頭が良くて、
誰もが結婚してほしいと思う人だったそうです。

かなり年上のマーラーは、アルマさんに結婚をOKしてほしいので、
交響曲第5番を一生懸命かきました。

有名なのは甘美な第4楽章ですが、
第1、2楽章からもう全力で、「交響曲のクライマックス用のネタ」を
すべて使い果たしたのでは?と心配になるくらいです。


おさかな♪は、この本をあまり期待していなかったのですが、
読んでみたら電車で吹き出すくらいに面白い作品でした。

アルマさん、やっぱり才能あったんですね・・・!

マーラーが歯医者さんへ行ったときのお話や、
シュトラウスさん夫婦との付き合いなど、
めちゃ笑えます!


ともかく、アルマさんと結婚できて良かったね♪♪♪
nice!(6) 
共通テーマ:音楽

プラダを着た悪魔 [本・映画・TV]

先日、前から観たかった「プラダを着た悪魔」を観ました。

キャッホー!



アン・ハサウェイ、かわいい♪♪♪
いっぱい靴やお洋服持ってて、羨ましいですね~☆

結構、良い下宿に住んでるし!



海外ドラマの「メンタリスト」にも出ている
サイモン・ベイカー氏が超カッコ良かったです♪

見事に、うさんくさいイケメンを演じていました(^-^ゞ



靴のブランド名って面白いな…

ジミー・チュウ
マノロ
ルブタン


なんか、小学生にネタにされそうなネーミング!(笑)


話を映画に戻すと、とにかく華やかな雰囲気で
音楽はU2など…いちいち超クール!


鬼編集長役のおばさまもステキでしたが
あっ、と驚く悪魔っぷりを期待していたおさかな♪には
悪魔ってほどでもなかった…?



普通、上司が立って指示出してたら
自分も立って聞かないかな…?

昭和のセンスだろうか…?
nice!(3) 
共通テーマ:moblog

ディフェンダーズ [本・映画・TV]

001.jpg

最近観ているTV番組に、こんなセリフが・・・

「緑茶ってのは、本当~~~に不味いな!
 まるで

 プランクトンのお湯割り

 を飲んでるみたいだ。」


・・・


以前、間違っている看板などの写真を集めた本の中で、

「エリック・プランクトン の チケットあります」

っていうのに爆笑しましたが、

やっぱりおさかな♪はプランクトンがツボみたいです!


あーーー、緑茶が水槽の水にしか見えなくなってきた・・・(涙)
nice!(3) 
共通テーマ:音楽

読書の秋・・・ってもう冬ですが♪ [本・映画・TV]

最近、面白かった本を2冊ほど・・・


お気は確か? ―恋する女への忠言

お気は確か? ―恋する女への忠言

  • 作者: ゴマブッ子
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2010/11/20
  • メディア: 単行本



アメブロさんの人気ブログ 「あの女」 で有名(?)な
ゴマブッ子さんの恋愛相談が、本になりました。

恋愛で悩み中の女子たちが、男性に言われたセリフを
独特の解釈で分かりやすく 「翻訳」 してくれます。

そのセリフ、本当の意味はそういうことだったのか・・・!
と目からウロコまちがいなし♪

おさかな♪的には、この本&ブログの面白さは、
いろいろな角度から人間関係を見つめ直すと、こうなる、という視点。

しかも、第3者の立場からはわかっていても、
当人にはどう説明してあげればいいのか、困りもの。

おさかな♪の場合は、自分が嫌われ者になりたくないので、
絶対に本人に本当のことなんて言いません!(笑)
・・・大金でも積まれない限り。。。

でも、ブッ子さんは違います。
的確に、愛情をこめて教えてくれます。
ブログの記事によっては、涙なしには読めません!(T-T)

恋愛とは関係なしに、一般的な人間関係にも大いに役に立つ1冊です☆



インテリジェンス 武器なき戦争 (幻冬舎新書)

インテリジェンス 武器なき戦争 (幻冬舎新書)

  • 作者: 手嶋 龍一
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2006/11
  • メディア: 新書



以前、ロンドンブーツの田村淳さんがパーソナリティーのラジオ番組に、
佐藤優(まさる)さんが出ていて、「面白い人だなぁ~」と思ったのがきっかけです。

インテリジェンスとは、国家機密のような 「情報」 のこと。
外交には必須とも言えるツールの一つですが、
日本はせっかく集めた情報をちゃんと生かし切れているのかな・・・

特に感動した箇所は、湾岸戦争に参加したくないっていうのを、
イスラエルと仲良くなって、イスラエルからアメリカに言ってもらえばよかったかもね、
という箇所。

イスラエルも日本も、宗教的な理由で参加できないんです、みたいな。

まぁ、それが通用したかどうかは別として、
発想が、ゴマブッ子さんの本ばりに目からウロコでした!

日本⇔アメリカ ではなく、 日本⇔イスラエル⇔アメリカ
というように、2次元的な視点から、世界を俯瞰するような視点を持っているところが
しびれます^^♪


そんな、風通しの良い本2冊でした~☆
nice!(1) 
共通テーマ:音楽
前の7件 | - 本・映画・TV ブログトップ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...