So-net無料ブログ作成
検索選択
室内楽 ブログトップ
前の7件 | -

訪問演奏行って来ました~^^☆ [室内楽]

今日は、午前中は都内某所にてカルテットの練習→午後から病院訪問演奏をしてきました。
左は、練習場への坂道&お庭の写真です♪
病院では、なんと婦長さんが直接ご挨拶に来てくださり、紙パックのお茶ジュースの差し入れまでしてくださいました。・・・その心遣いに大感動!
素敵な演奏会になったかどうか、どきどきですが、こころを込めて演奏できたと思います♪

演奏の後は、近所の甘味処へ^^☆
レトロ&美味しいお店でした。
・・・あんど。。。
先ほどまで、カルテット低減メンバー所属オケのGPへ急遽おじゃましてきました♪
トレーナーの先生がとても良い先生だったので・・・。f(^-^;)

最近は、夕飯を食べながら、クライバーのベト4&7DVDを観て、夜9時以降OR雨の日はマラ9を聴いてます。クライバー先生の超ゴキゲンな指揮姿を見ていると、ホントに爽やかな気分です!
明日も早起きだなぁ・・・。


nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:音楽

シューベルト 弦楽5重奏 [室内楽]


 とてもほのぼのした曲です♪
 5重奏の内訳は・・・カルテット+チェロをもう1人☆

 いつか演奏してみたい曲です^^♪


nice!(1)  コメント(12) 
共通テーマ:音楽

バッハ 無伴奏チェロ組曲 [室内楽]

まず、速い!・・・あっさり風味のバッハです。
次の曲はどんな感じで弾いてくれるの~♪・・・CDなのに、「いつまでも終わって欲しくないなぁ~☆」と思ってしまうほど素晴らしい演奏で、退屈しません。
チェリストは、Morten Zeuthenさんというデンマーク人のお兄さんです。
夕方になると、近所から聴こえてくるような気楽さで聴けます♪


nice!(4)  コメント(18) 
共通テーマ:音楽

休憩中~♪ [室内楽]


室内楽・・・面白い♪♪♪ その面白さを記事にする時間が欲しいこの頃デス(T-T)。
写真イメージです^^☆


nice!(2)  コメント(8) 
共通テーマ:音楽

日曜日は室内楽♪ [室内楽]

最近、毎週日曜日に室内楽で遊んでいます。
メンデルスゾーンとボロディンのカルテット曲をスコアを見ながら練習していたら、いろいろ発見~♪
メンデルスゾーンは、「ストバイ(第一バイオリン)がメロディー担当、セコバイ(第二バイオリン)以下は伴奏」というオーソドックス(?)な感じです。

一方、ボロディンはアマチュアのチェリストだったので、チェリストの視点から作曲している風があります。チェロもメロディーを担当するし、ストバイとチェロがメロディーの掛け合いで、セコバイとビオラが伴奏していることもあります。

メンデルスゾーンのカルテット曲のスコアを見ていて、チェロがヒマそうだったので、最後のストバイとセコバイでオクターブユニゾンで盛り上がる超かっちょいい箇所のセコバイパート譜を、ヘ音記号に書き換えてチェロ用に楽譜を作ってみました。平たく言うと、セコバイの美味しいとこをチェロにあげました。今度の日曜はカルテット練習日です。はたしてボロディン風メンデルスゾーンになるかどうか、楽しみです^^♪

★ミニ説明(念のため)~★
カルテットの構成は、大雑把にこんな感じ^^♪
 ストバイ :バンドのボーカル的な役割♪
 セコバイ :リード/リズムギター
 ビオラ  :バイオリンよりちょっと低い音域を担当
 チェロ  :バンドのベースみたい☆

※ちなみにおさかな♪カルテットの血液型はストバイがB型、セコバイ(おさかな♪)がO型、ビオラとチェロがA型っぽくないA型です。

ところで・・・、以前カナダのケベックへ行ったときにCDショップで取ってきた音楽学校のパンフレットを、先日ぱらぱらと読んでたところ、10日間の室内楽コースや1~2週間のバイオリンコースなどがありました。楽しそう~^^♪ 申し込みには15分くらいのデモCDが必要らしいデス。
いつか行ってみたいな~と思いました。


nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:音楽

やっぱり・・・ [室内楽]

 弦楽6重奏を
 カルテットで演奏できないかな~って
 ず~っとスコアを見てたんですが
 ・・・
 ・・・
 やっぱり、全員重要です。。。

 明日は「運命」弦練→「復活」♪
 楽しみです^^。


nice!(2)  コメント(10) 
共通テーマ:音楽

ブラームス 弦楽6重奏(1番) [室内楽]

カルテットで演奏する室内楽曲候補を探し中のおさかな♪デス。
室内楽の記事は、曲を知らないとコメントのしようがない気がするので、今回は音源URL付きです。
ブラームスの弦楽6重奏くらい、知ってるヨ~♪って言われそうですが・・・。)

■音源URL
いつものように、ユング君のページ→コチラ♪
NHK-FMラジオでも良くオンエアされていて、悉くカッコイイ~!
この音源はユング君も「カザルス(75歳の録音)の偉大さを再確認させられる演奏」とおっしゃっていて、2楽章の渾身の演奏は最近のCDをいまいち買う気がしないくらい素晴らしいです☆
ブラームスって交響曲も良いけれど、こんな素敵な室内楽曲を作っていたのね・・・。ユング君のサイトにはありませんでしたが、2番の1楽章も不思議な魅力のある曲です。

■スコアURL
さて、早速スコアをチェック。→こちら♪
 1)上から5つ目のBrahms Johannes (1833-1897)をクリック。
 2)下にぴろっと出てきますので、
   ensemble:
   sextets
   scores and parts をクリック。
 3)Sextet Op. 18 in Bb major for 2 vlns, 2 vlas and 2 vc
   をクリック。

演奏について「カザルスが・・・、ヨーヨーマが・・・」と言われるほど、チェロが大活躍の曲です。弦楽6重奏なので、カルテットメンバーにチェロとビオラを1名ずつ追加すれば演奏可能。
「モー娘。」のようにメンバー追加や企画モノのユニットを思案中のおさかな♪的には超わくわくな曲です。
ブラームスの弦楽6重奏は2曲あり、1曲目の2楽章が特に有名(左のスコア)。チェリストズとセカンドのビオラさんに「だらららら・・・の上昇&下降スケールがやだ」って言われない限り、演奏したい曲デス。
ちなみにブラームスの1つ上にボロディン(Borodin Alexander)が・・・♪


カルテットは、大変そうなフレーズを低弦が弾いていてひとごとだと思っていると、同じ音形が割とあっさりバイオリンにも回ってくるので気が抜けません。
音色や音程はもちろん、他のパートの演奏を踏まえてどう弾いたらいいのかなぁ・・・、そんなことを考えながら練習しているとあっという間に時間が経ってしまうこの頃です♪

楽しい週末になりますよう・・・!


nice!(4)  コメント(21) 
共通テーマ:音楽
前の7件 | - 室内楽 ブログトップ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。