So-net無料ブログ作成
検索選択

Airbnb [旅行]

Airbnb(エアーB&B)という、民泊ネットワークサービスが
海外の旅行者の間で人気みたいです。
https://www.airbnb.jp/

processed.jpg

Airbnbがブレイクしたきっかけは、
オバマ大統領が2009年に就任演説をする際
演説を聴きたい人たちが泊まるところがなくて
民間の人のおうちを間借りするインターネットサービスとして
大活躍したことだそう。


おさかな♪が5年位前、ベルリンに音楽留学していた頃
ベルリン市の公式HPから「SOFORT」という
民泊サービスがリンクされていて、とても助かりました。
格段に安く、一般のおばあちゃんちなどに泊まりました。

当時は本当にユーロが高く、
まさかその後に金融危機からのユーロ100円台とは・・・

でも、世界的な不景気だからこそ草の根的(?)に流行っている
ビジネスなのかも知れませんね。


カウチサーフィンという、ただで人んちに泊めてもらうサイトは
ちょっと恐ろしいけど、Airbnbはちゃんとお金を払い、
間にその会社が入って手数料も取るので、比較的安心かもです。

ホテルよりも格安で現地の方ともお友達チックになれるのは、
これからの旅行をとても充実したものにしてくれると思います!

レビューなどでホスト側の評判も分かるし、
泊まる側もFacebookなどで審査(?)されて、
ホスト側から断られることもあるそうです。

なので、泊まる側もいっぱいFacebookのお友達がいて、
まともな人ですよ~っていうアピールもあると良いみたいです。

日本でAirbnbが流行るかなんですが、民泊が
確か「旅館法」っていうのにひっかかった気がするんですよね。。。


おさかな♪が、ベルリンで過ごしていたときに心がけていたことは
シャワーを使うときに、居住者に一声かけること♪

大抵トイレとお風呂がくっついているので、
「シャワー使いますよ~♪」って言うと、ホスト側の人が
「あらあら、いちいち言わなくていいのよ~」とか良いながら
あわてて「やっぱりトイレ使うから待って!」っていう展開に良くなりました^^。


あとは、airbnbで過去にあった有名トラブルとかをチェックするとか、
最悪別の普通の宿に泊まれるセカンド案を用意しておくとかして、
過度な期待をせずに利用すれば良いのかな・・・

これからは、海外旅行の形や選択肢がいろいろ変わってきそう♪♪♪
って思いました。
nice!(2) 
共通テーマ:音楽

BBCの語学学習ツール [旅行]

軽い語学オタクのおさかな♪なんですが、

最近、素敵なスペイン語学習無料ツールを発見~♪
これは優れものです!

mvl_your_say_small.jpg

URLはこちら→http://www.bbc.co.uk/languages/spanish/
Mi Vida Loca って書いてあるところをクリック。

↑いきなり音楽が流れるので、要注意です!


ミステリー的なストーリー仕立てになっており、
その登場人物として自分も参加できます。

あらすじは、友人からスペインのアパートの鍵を借りて、
そのアパートにしばらく住んで良いよって言われて
スペインに観光に行くんですが、
着いてみるとすでにだれか住んでいます。

(↑あれ?このパターンどこかで・・・
 詳しくはおさかな♪のブログのベルリン滞在記事をドゾー♪)

先住民は、その友人の妹さん。
かなりマイペースなジャーナリストです。

彼女はとあるネタを追っていて、
ちょいちょい危険な目にあいますが、
そんな彼女に振り回されつつ、

カフェで彼女の分も注文するのは当たり前、
最終的には自分でレンタカーを借りて運転したり、
犯人(?)がアジトにしている家のとなりの家を見たいと言って
(そのアジトに忍び込むため)
不動産屋に行ったりする、という


BBCが総力を上げて、
ノウハウと財力を駆使して作った究極の語学学習ツール
だと思いました!

オールロケ、アンド、途中で説明を入れてくれます。

印象に残ったシーンは、
現地で地元のお父さん、お母さんへのご挨拶、
市場でのお買い物、
分からないなりに周りの人に聞きながら交通機関に乗ったり、
お子さん連れのお母さんにど田舎の民宿の場所を聞いたり・・・

あまりにも臨場感があって、本当に行った気になるというか、
変な汗が出てきます(笑)。


なんと、2009年の
BRITISH ACADEMY TELEVISION CRAFT AWARD 
という賞を貰っています。

スペイン語を学習したい方、
そもそも海外に行くってどんな感じかな~
という方には、まじにお勧めです~♪


ではでは、素敵な3連休を~~~^^♪

nice!(3) 
共通テーマ:音楽

ウイーン [旅行]

ウイーンの街で撮った写真が全くないので、
Google street view から適当に拾ってみました♪

最初の頃に泊まった宿の裏♪
wien1.JPG

宿のオーナーは、背の小さいイタリア系らしきおじさん
高橋英樹さんをめいっぱい胡散臭くした感じの人です。

宿の近くのメインストリート♪
wien2.JPG

宿のおじさんと、片言のドイツ語で世間話をしていると、
「うちの宿で働かないか?」と言ってきました。

不法就労になりそうなので、爽やかに断りましたが、
それよりも、働いてるオーストリア人のお姉さんたちの表情が
あまりに暗いので、辞めておきました(笑)。

後半に泊まった宿の近く♪
wien3.JPG

後半は、昔泊まったこともある
安くて良心的な民宿に泊まりました。

近くの公園で、細長いサラミのスティックをかじっていたら、
よちよち歩きの子供が、「これも食べる?」って感じで
木の小枝を持ってきてくれました。

子供が天使のようにかわいいので笑っていると、
お母さんが遠くでにこにこしていました。

近くの商店街♪
wien4.JPG

ウィーンはとてもきれいな街で、
車道の中央分離帯にはチューリップがたくさん咲いていました♪
nice!(2) 
共通テーマ:音楽

モントリオールの民宿 [旅行]

Lonely Planetというガイドブックに載っていた、カナダモントリオールの民宿をご紹介します。
その名も「"Chez-Jean(Jeanさんち)」。
電話をすると、地下鉄の最寄駅まで車で向かえに来てくれます。 ※とってもアンティークな車で、シートベルトをするとコートがほこりだらけになりそうだった・・・。
着いてみると、不思議な3階建てで、吹き抜け&メゾネットのおしゃれな木造の家でした。お値段はユースホステルより安い14ユーロで、朝食付き&個室もありです。みんなで冷蔵庫の前のテーブルで朝食を食べるんですが、気さくなジャンさんのフランス風トークが面白い! お薦めです。

※14カナダドルでした。Kさん、コメントありがとう♪


nice!(1)  コメント(8) 
共通テーマ:音楽

南米行きたいな~♪ [旅行]


「Instant Spanish」という本で、ぼちぼちスペイン勉強中です・・・♪


 小野リサさん、ジョアンジルベルト
 SIRIUS Bのいるブラジル
 まったりできるといいな。。。


 右は、SIRIUS B の Bagunca っていうCDです。
 んも~、すんごい爽やか~♪
 ヴォーカルのAzharさんはもともとバイオリニスト☆
 ブラジル音楽の影響をうけて発足したバンドですが、
 逆にブラジル進出してます。


nice!(0)  コメント(10) 
共通テーマ:音楽

フランス ホームステイ日記(前半) [旅行]

学生時代に1ヶ月間、フランス人の先生宅にホームステイしたことがあります。
今日はその時のお話を少々・・・♪

■きっかけ
先生とは、会議の打ち上げパーティー会場でお会いして、仲良くなりました。翌日は秋葉原でデジカメを買うのを手伝ったり、おさかな♪邸を案内したら、えらく感動して下さり、「今度フランスに遊びにおいで~。」ということになりました。
当時すでにフランス語3級を持っていたので、日常会話に少々困る程度(?)には話せましたが、このフランス語に全面的に頼ることになるとは思っていませんでした。

■先生のおうち
おうちは、めちゃくちゃ広かったです。先生はモノづくりが好きな方で、壁は全部ご自分で塗られていました。バスルームも広いし、階段はパリの千秋アパルトマンみたいなくるくる階段でした。中庭があって、猫が3匹仲良く昼寝をしています。中庭では良くバーベキューをして、庭に生えているローズマリーを香りに使いました。キッチンには食器洗い機が備え付けられており、おさかな♪は先生と食器の片付けやお皿拭きをしました。
意外だったのは、タオルや普段のセーターなどの消耗品を、ありえないくらいぼろぼろになるまで使っていたこと。おさかな♪も穴があくまで使う派ですが、微妙に負けました。おさかな♪の部屋は2階で、ダブルベットにビンテージ物のクローゼットのあるお部屋でした。2階には先生ご夫妻のお部屋、1階に長男&長女のお部屋がそれぞれあり、どの部屋もカラフルで自由に使いこなしている感じがしました。

■フランス人と仲良しになるには・・・
まず、先生の周りの人をご紹介します。フランス語の重要度が伝わると嬉しいです♪

①先生の秘書、シルビーさん
めちゃカールしたブロンドの美人さんで、いつもおしゃれなスーツを着ています。
 おさかな♪:(英語で)「素敵なお召し物ですね。」
 シルビー :(やや緊張気味&表向きっぽい表情で)「タンキュー」
 おさかな♪:(内心)「タンキュー?、サンキューってことかな?
        しかもいまいちリアクションが機嫌悪いな・・・。」
 *** 後日 ***
 おさかな♪:(フランス語で)「さっき、この本の作者にサインしてもらっちゃったヨ~♪」
 シルビー :(おさかな♪をさえぎって、フランス語で)
       「あんた(tu)、フランス語しゃべれんの??? そんなこと一言も言ってなかったじゃん!」
 おさかな♪:・・・(ややたじたじとなって)「いや、ほんの少ししか話せないヨー。」
 シルビー :(全く聞いてない&めちゃ嬉しそうな顔で何か話している)「○○○・・・×××・・・」

②学生のブノワ君&ラーニャさん
 3人:初めまして~。(フランス語で)
 ブノワ君:PCのセッティングを手伝ってあげるよー。
 ラーニャ:このバナナ食べていい?
 おさかな♪:ああっ・・・貴重な食料が。。。
 ブノワ君:今度みんなで車でどこかへ行こう!
      (この車が、もん~のすごいぼろい車だった・・・。)
 ラーニャ:こういうクラブに行こう~!(鼻をつまんで、踊りまくる)
※この2人は最強の爆笑コンビでした。
ラーニャは身長190cmくらいあり、一緒にFNACというCD屋さんへ行ってもみんなが振り返るくらいの美人さん♪ けど、英語は全く話せませんでした。英語で話すと、聞こえなかったフリをされます。

③先生の奥様&小学校の子供達
奥様が小学校の先生でしたので、見学させていただきました。
 奥様  :日本から来たおさかな♪さんでーす。
 子供達 :ねぇねぇ、日本にも「ピカチュー」っているの?
 おさかな♪:(日本発なんだけどな・・・)「うん、いるよ。」

その日の授業は、いろいろな国の言葉で「赤ずきんちゃん」のテープ朗読を聞くっていうプログラムで、フランス文部省の偉い先生が来てました。朗読は、
 ・フランス語  ・ドイツ語  ・フィンランド語  ・イタリア語
だったのですが、日本語がなかったので先生にご許可を頂いて、授業の最後に「おさかな♪小劇場 」をやることにしました。「何か赤い布ある?」って言うと、女の子が快く赤い服を貸してくれました。 おばあちゃんに化けた狼君と赤ずきんちゃんの一人二役をしたら、子供達は大喜び♪ 

** おさかな♪小劇場 ~赤ずきん ハイライト~ (日本語・字幕なし) **
 赤ずきん:おばあちゃんの目はどうしてそんなに大きいの?
     (と言いつつ、目を望遠鏡みたいにするアクション♪)
 狼君 :お前を良く見るためだヨ。
 赤ずきん:おばあちゃんの耳はどうしてそんなに大きいの?
     (と言いつつ、ネコの耳のようにくるくる方向を変えるアクション♪)
 狼君 :お前の声を良く聞くためだヨ。
 
  子供達:固唾を呑んで次の展開を見守る。

 赤ずきん:おばあちゃんの口はどうしてそんなに大きいの?
     (と言いつつ、両腕をワニの口のようにして赤い服を食べるアクション♪)
 狼君 :お前を食べちゃうためだヨ~~~!!!
 子供達:うっきゃ~~~♪♪♪(なぜか目がらんらんとしている。)

・・・あれ?この例はフランス語にあまり関係なかったかも・・・。
この後、子供達主演のミュージカル「エミリージョリー」を見せてもらいましたが、合唱の上手さと可愛らしさに感涙ものでした。小学校では子供達のスラングばかり覚えた気がする。。。

④銀行や地元の商店街
フランス語が話せることと、フランス人になりきった呼吸感で、行列に横入りするセンスが重要です。

■まとめ
フランス人は、プライドが高いから英語を話さないんじゃなくて、実は話せないのかも知れないっていう感じが伝わると嬉しいです♪ フランス語ってちょっと不思議な言語で、伝わったときの充実感が英語の10倍くらいあります。う~ん、これを言葉で伝えるのは、難しいなぁ・・・♪
後半もお楽しみに・・・☆ 連休なので音楽に関係ない記事ばかりデス。


nice!(5)  コメント(19) 
共通テーマ:音楽

今週も~♪ [旅行]

いつの間にか、暑くなって来たこの頃ですね。風通しの良い一刻館も少々暑いです。
今日はKさんからのご質問にお答えして、カナダネタを少々・・・♪

去年3月にカナダへ行った時に
 OSM:モントリオール響 (曲目:ブラ1)
 OSQ:ケベック響    (曲目:フランスシリーズ)
の両方を聴いてきました。
演目にも寄ると思いますが、OSQの方がいろいろな意味で地元感があって良かったです。但し、OSQはメールで連絡しても全く音沙汰なし。OSMが今でもパンフを送ってきてくれるのに対して、OSQは営業する気ナッシングです(笑)。おさかな♪的には、どっちも好きです。

モントリオールへいらっしゃるなら、Jeanさんちの民宿が超~オススメです。1泊朝食付きで14ユーロ♪ ユースホステルよりも安くて個室もあります。朝ごはんをみんなで食べるのはとても楽しかったなぁ~。ブラ1を聴いて帰ってきたら、Jeanさんが夕食のマッシュポテトの残りを分けてくれました。

*** 追記 ***
keyakiさんが、すばらしい説明をしてくださいましたので、ここにご紹介しま~す♪
<以下転記>
これは白樺ではなくてアスペン(ヤナギ科、日本では、ヤマナラシという木で、マッチ棒などの材料です。)だそうです。カナディアンロッキーのビーバーの好物だそうです。
ビーバーの歯は一生伸びつづけるので、歯の長さ調節のため、かじりつづけなきゃだめなんですって。かじり倒した木の枝や皮を利用して、ダムを作るわけですよ。
大人のビーバーは1年にこの木を200本もかじり倒すこともあるそうです。これこそ自然破壊と思うでしょう。ところがどっこい、この木は、地上がかじり倒されても、そこからまた成長してくるんですって。何十年と年日がたてばその場所はまたアスペンの森になるんですって! 感動しました。
人間以外の動物は自然破壊はしないんですね、ビーバー、Viva!Viva!

おおお~、そうだったんですね!おさかな♪的には、最終行が大分ツボにはまりました。
keyakiさん、分かり易い解説をありがとう♪♪♪

***
先日のサマーコンサートの指揮者コーナーで、満面の笑顔で客席に戻った6歳の男の子がいました。その笑顔を思い出して、今週も楽しく乗り切ろうと思います♪


nice!(4)  コメント(22) 
共通テーマ:音楽
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。