So-net無料ブログ作成
検索選択
オペラ・バレエ ブログトップ
前の7件 | -

バレンボイム [オペラ・バレエ]

バレンボイムさんの "トリスタンとイゾルデ" がTVで生中継されるそうです!
。。。っつっても、このARTEっていう、独仏合作みたいなTV局でですが。。。
リンクはこちら♪♪♪
2007年12月7日(金) 19時からです。(日本時間は+8時間してくださいね。)
イタリアスカラ座での演奏のようです。
インターネットから、録画&ダウンロードできるようなので、興味のある方はぜひ♪♪♪

ARTEのHPはこんな感じ〜。

EYES WIDE SHUTを観ようと思ったんですが、ドイツ語吹き替えで全く意味が分からず、
始まった瞬間に爆睡してしまいました。。。
ある意味、"EYES WIDE SHUT" (?) ^^〜。

ベルリンの冬は、今のところ0〜3度でそれほど寒くないです。
ただ、夕方4時半には日が暮れるので、1日が強烈に短いです。
そしてなぜかとても眠いです。。。ほどんど曇り空だからかなぁ〜。

最近はひたすらバイオリンの練習をして、夕ごはんを宿のあるじA&Bさんと食べて、
毎日あったたわいもないことを話して、TVを一緒に見て、
ウサギとハムスターと魚にエサをあげて、安いスーパーを探して倹約に燃える日々です。

。。。なので、全くネタがありません!!!
このヨーロッパ特製どよよ〜ん気候にすっかり慣れ親しんでしまうと、
パソコンを立ち上げる気力がいまひとつ盛り上がらず。。。
何ていうか、マイクロソフトさんのテンションに付いていけないんです^^〜。

コメント欄をOPENしようか迷ったんですが、
お返事がいつになってもめげないタフですてきな方はどうぞ。。。
こんな(ちょっと最悪な)ブログですが、よろしくお願いします♪♪♪


nice!(4)  コメント(12) 
共通テーマ:音楽

Onegin [オペラ・バレエ]


Tatjana Nadja Saidakova
Onegin Ronald Savkovic
Olga Iana Salenko
Lenski Rainer Krenstetter

チャイコフスキーオネーギン (バレエバージョン) を観て来ました。
一言で言うと、有り得ないくらい良かったです。。。
ちょっと今言語中枢が凍結していて、感想が言葉にならないので、
現地でのエピソードを少々。。。

あらすじをいつも50セントで買うんですが、今日はあいにくドイツ語のしかありませんでした。
1幕を観て、やっぱりストーリーを知りたくなったので、休み時間に賢そうな日本人のお兄さんに
"すいませんが、、、あらすじって分かりますか〜?" と訊いてみました。
そしたら、日本語のあらすじをプリントアウトした紙をくれました!
充分にバレエを味わえたのもこのお兄さんのおかげです♪♪♪

オネーギン役がとにかく素晴らしかったです。
ともかく雰囲気があって、圧倒的な存在感がありました。
バレエは良く分からないのですが、
決めのポーズがことごとく決まるのがものすごく格好良かったです。
タチアナさんと一緒に踊るシーンでも、難しそうな技を簡単なことのようにさくっと
何のタメもなく決めていました。

あんど、チャイコフスキーの音楽にどっぷりです。
悲愴を全力で (4楽章とか入れ込み過ぎて涙目になりながら) 3回聴いた感じの疲労感です。

これ以上のオネーギンは生涯観ることはないかも知れないなぁ、、、と思うと、
オペラ座が去りがたかったです。
でも、本当にちゃんとしたファンの方からしたら、
あらすじを現地調達した人にオネーギンを語って欲しくないかも知れませんね。。。

ごめんなさい^^!!!


nice!(7)  コメント(6) 
共通テーマ:音楽

Macbeth [オペラ・バレエ]


今日は、マクベスを観に行ってきました。
カルメンだと思って行ったところ、当日券を買ってふと見るとマクベスだったので、
あれれ?!と思ったところ日付を間違えていました。
カルメンは昨日でした、、、。

誰のオペラかな、、、と見てみると、ジュゼッペ ベルディーさんです。
"椿姫"で有名なイタリアの人ですね。。。
シェイクスピアとイタリアオペラって意外なコラボだと思いました。
こう〜、フィッシュ&チップス味のパスタみたいな♪♪♪

おさかな♪程度の知識(?)で来ている人もいて、開演前にとなりの席の人に
"舞台の上にセットらしきものが何も無いけど、これって音楽だけじゃないよね?"
って訊かれました。(笑)
ちなみに、舞台は起伏が激しく、ところどころ大きな穴が開いていて
そこから人が大量に出入りしました。

始まってみると、やっぱりオーケストラが最高!
マクベス夫妻も素晴らしかったです♪♪♪
イタリアオペラらしく、80人くらいの合唱団がどぎゃ〜ん!ってフルボリュームで歌うところやティンパニー大活躍のような見せ場も良かったですが、椿姫でも出てくるクラリネットのアルペジオや、4幕で金管-高弦-低弦で行ったり来たりする掛け合いとかも楽しく聴けました。

2階席以上はあまり人が入っていなくて、ちょっともったいなかったでしたが、マクベスがベルディーのオペラであることを知らなかったおさかな♪が言っても説得力がないので、今日はこの辺で。。。


nice!(5)  コメント(6) 
共通テーマ:音楽

il barbiere di siviglia [オペラ・バレエ]


Staatsoperに、セビリアの理髪師を観に行ってきました。
シンプルだけれど、機能的で美しい舞台でした。

役者さんたちもとても素敵。。。
あんど、オーケストラが最高!

バイオリンの軽やかな音色と、
面白いストーリーにがっつり引き込まれました。

ロッシーニクレッシェンドって
意味なくわくわくするなぁ〜って思っていたら、
前の席の小学生の子たちも、"ふんふんふ〜ん♪♪♪" という感じに
楽しそうにしていました^^。


nice!(7)  コメント(9) 
共通テーマ:音楽

Manon@staatsoper [オペラ・バレエ]


Daniel Barenboim Musikalische Leitung
Anna Netrebko Manon Lescaut
Fernando Portari Le Chevalier des Grieux

先日、TVでManonを観ました。
ポテチを食べながら、広いリビングの大きなTVで観たのでとても楽しめました♪♪♪
これも、宿の人たちがリビングを専有させてくれたお陰です。

前半の、2人の思い出のつまった小さな机に
Manon(Netrebkoさん)がお別れをするシーンが
とても良かったです。
途中とラストはManon役の人が替わっていましたが、
飽きることがなかったので、
実力派揃いの上演だったんだなぁ〜と思いました。

Netrebkoさん、超綺麗〜!

=================

音楽のことをずっと考えていたら、気がついたらベルリンにいたという感じなので、
最初は生活が違和感だらけでしたが、最近やっと'ここはどこ?'と思うゆとりができました♪

おさかな♪にとってベルリンは、千葉から約14時間くらいのとこにある街なんですが、
ブログはやっぱりちょっと'海外なヒトのブログ'っていうように見えるから不思議、、、。

夏は一旦日本に帰ってホームオケ復帰&演奏会です。
そしてバイト三昧の生活が待っていそう、、、。
今から、朝ごはんです!


nice!(3)  コメント(10) 
共通テーマ:音楽

カルロス・クライバー 大好き♪ [オペラ・バレエ]


おさかな♪冬季休暇もあと3日。今日は朝から「運命」をめっさ練習しました。かなりお腹いっぱいデス。常識の範囲内で練習するとして、「大学祝典序曲」は間に合わないかも・・・(笑)。

さてこの時期、ウイーンでは毎日のように素晴らしいオペラが上演されていることでしょう~♪ そんな冬のヨーロッパに想いをはせつつ、カルロスクライバーさんの「カルメン」DVDを観ています。
「のだめカンタービレ」のゆうこしゃんの言葉を一部拝借すると、
「カルロスが格好良いのは宇宙の法則」(?)~☆
カルロス先生は割とがしっとした上腕二等筋なのに、指揮棒の動きはこの上なくなめらかなところが大好きです。
おさかな♪はバイオリンを練習した後は軽く走りに行ったり、ストレッチをしたりして筋肉をほぐすようにしてます。体育としてのバイオリンもなかなか気持ち良いです♪

 ●配役
 カルメン    エレーナ・オブラスツォワ
 ドン・ホセ    プラシド・ドミンゴ
 エスカミーリョ ユーリ・マズロク
 ミカエラ     イゾベル・ブキャナン
 ●演出     フランコ・ゼッフィレッリ
 ●指揮     カルロス・クライバー
 ウィーン国立歌劇場管弦楽団・ウィーン少年合唱団


nice!(1)  コメント(11) 
共通テーマ:音楽

タンホイザー [オペラ・バレエ]

新年あけまして おめでとうございます♪
~本年もよろしくお願いいたします。~

今年最初の記事は、年末にラジオで聴いたティーレマンのタンホイザー@「バイロイト音楽祭2005」です♪
ティーレマン渾身の指揮姿が伝わってくるようなオケの集中力で、オペラ歌手とオケがぴったり合っていることにまず驚きました。「オペラって大体合ってれば良いのかなぁ・・・」というおさかな♪のオペラ観(?)を覆してくれました。特にテノールにぴたっと合わせるハープのソロはすごかったです。
ストーリー的にも次の展開にワクワクして、眠くなりません☆ ティーレマンは合うところが合うだけでなくメリハリがあって、「ワーグナーって、こういうところ良いよね~♪」と言っているかのようでした。

■タンホイザーの魅力
タンホイザーの主題は、元気で前向きなところとちょっと切ないフレーズが上手にMIXされていて、短調と長調を自由自在に行き来できるワーグナーならではのブレンド具合です。
主人公のタンホイザーはちょっと不器用なほど自分に正直だけど、体力と持ち前の明るさが取り得(とおさかな♪は思いました☆)。そんなタンホイザーの主題からは、人間的な感情や弱さ、いろいろな悲しい経験を持ちつつも、明るく元気に生きていこう!というメッセージを感じました。トリスタンと違って、生きていこうとしている人の歌だなぁと思います。

タンホイザーの魅力を一言で言うと、全体に「かっこいい」!。幕が終わる毎にブラボーの嵐ですが、その声が野太いんです。これもおさかな♪のオペラ観を覆してくれました。地鳴りのようなブラボーの後は、足踏みのようなドンドン・・・という音が始まります。ラジオだったので分かりませんが、スタンディング・オベーションの会場でいろいろなものが飛んでいるところを想像してしまいました。

おさかな♪的にタンホイザーの一番好きなところは、厳かな男声合唱です。
この静かなお祈りのような合唱を聴くと、大型金管楽器がまろやかに溶け合うのも弦楽器のアンサンブルもかなわない音楽業界最強パートは、人の声だったのか・・・という感じがします。最初は一幕で、ヴェーヌスさんちが飛んで行きタンホイザーが現世に戻ってきたところで聴くことができます。ここは視覚的にもスペクタクルだそうです。ラジオ派おさかな♪も、舞台を観たくなりました。

■真峰紀一郎さんインタビュー
ラジオ放送では、バイロイト祝祭管弦楽団で現在活躍中の日本人バイオリン奏者、真峰さんがゲストに招待されていました。とても面白いお話でしたので、簡単にご紹介します。

●オケについて
ワーグナーを弾きたくて(←ここがもう、バイオリンの視点^^♪)来ているので目的が一致している。あまり熱心に弾かない人や、弾けるんだけど周りに迷惑をかける弾き方の人は次の年から呼ばれなくなるので、演奏者のつぶが揃っている。夏の間だけなので、競争もなく無用に傷つけ合うこともない。
普段所属しているオケの夏休みは通常6週間で、バイロイトは練習含めて5週間なので、家族がある人は毎年参加するのは難しいこともある。2人で隔年交代しているパートの人もいる。
バイロイト祝祭管弦楽団に入りたい人は、まず団員に「入りたいんだけど」って相談することが多い。オケの団員から推薦されて入ったりするため、試験等はない。
ワーグナーをすでに他のオケでたくさん弾いてから来ているため、歌手が遅れたり、つっこんだりしてもオケはぱっと対応できる。つまり、実演からワーグナーを会得している奏者達が多い。

●参加して良かったことは
ワーグナー観や音楽への接し方も勉強になった。
終わればビールが待っている。そして当然ワーグナー談義になる♪

●指揮者のティーレマンさんについて
左手だけでどういう音楽を作りたいのかを表現することができ、それをオケに要求する。
こういうきちんとした指揮をされたら、オケとしては応えるしかない。
指揮は合わせるだけなら右手だけで充分。

●楽譜について
楽譜の裏表紙に1800年代から、誰が演奏したかを書いてあって感動する。・・・が、昔の楽譜は見ずらいので、最近では印刷された楽譜を使用している。管楽器の一部パートでは、今でも初演当時からの楽譜を使っている。
楽譜でおかしな箇所があるとき、オケの団員が言っていることの方が合っていることが多い(笑)。

●ホールについて
ホールはオケが下にもぐっていて、オケの音が一旦反射板に当たった音を舞台上の人が聴いて歌う構造になっているため、オケと歌手がずれやすいと言われる。
バイオリンは舞台の前の方が少し見えるが、他のパートからは見えないので少しお気のどく(笑)。オケピは良くできていて、ちゃんとどのパートからも指揮が見えるようになっている。
難しさもあるが、やはりバイロイトのホールはすごい。リングのイントロのEsの音が、地下から沸いてくるような響きで聴こえてくると本当に感動する。

◎おさかな♪感想
ワーグナーが好きで集まっている優秀な奏者達からなるゴージャスなオケだと思いました。
さっそく「リング」を聴いてみました。低音ppから始まるところはチャイコフスキーの6番「悲愴」に似ているかな・・・と思いましたが、「悲愴」のイントロがファゴットだな~と分かるのに比べて、「リング」のイントロは何か得体の知れないものから出ている低音です。
もしかしたら、オケから出ているのではないかも知れません♪
そんな想像をしつつ、2006年バイロイトの「リングbyティーレマン」が楽しみです。

めちゃ長い記事になりましたが、今年も良い年になりますよう~!


nice!(10)  コメント(33) 
共通テーマ:音楽
前の7件 | - オペラ・バレエ ブログトップ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。